返済額にも変化が

おまとめローンは金利を下げることができるだけではありません。キャッシングの返済額には最低金額があり、毎月それ以上の返済を求められますが、この金額は基本的に借り入れ残高に比例して大きくなるので、複数の借り入れを行っていると合計して結構な返済額になっているケースも多いです。この返済額をある程度の範囲で決めることができるという点も、おまとめローンを組む大きなメリットだと言えます。

このおまとめローンの毎月の返済額は、契約時の相談によって決まります。もちろん借り入れを行う金額によって選択できる範囲こそありますが、返済を楽にしたい場合には今までの合計した返済額より低い金額にできます。逆に早く完済してしまいたい場合には今までより高額にしても構いません。

ここでの注意点は、あまりこの返済額を低くしないということです。返済額が低くなると、返済こそ楽になりますが、返済期間が長くなってしまいます。それによって完済までに支払う金利も増えてしまい、これでは金利自体が下がって意味が無くなってしまいます。

よって、返済額を決める際には、今までの合計返済額と同等か、多少低くする程度にしておきましょう。それによって、金利が下がった恩恵も充分に受けることができます。

外部リンク<消費者金融でおまとめローン利用 – ノーローン